top of page
  • 執筆者の写真amiathleteclub

阿見ACアワーズ2022

阿見アスリートクラブ10周年記念パーティーとして開催したのをきかっけに

次年度から表彰式を残して阿見ACアワーズがスタートしました。


今回から、東京支店DREAM会員のSHARKS.Jr会員の皆様も表彰対象となりました。


会員の皆さんの頑張る姿から、実績も感動も生まれています。

茨城と東京、クラブの活躍の場が広がり始めた新しい阿見ACアワーズの受賞者を紹介します。



Member of the year

今年度最も心に残る活躍をした選手



飯島陸斗 (1500m 日本選手権2位 茨城県記録)





ジュニア最優秀選手賞(贈:白亜)

今年度最も心に残る活躍をしたジュニア選手



吉田 想(400mH 関東高校選抜新人2位)




優秀選手賞(贈:BROOKS)

各カテゴリーごとに規定あり全国大会入賞等の実績をあげた選手



〈トップ選手〉

楠康成(3000m障害 日本選手権4位 栃木国体優勝 茨城県記録 2000m障害日本最高記録)

飯島陸斗 (1500m 日本選手権2位 茨城県記録)

グエム・アブラハム (1500m デンカチャレンジ2位 南スーダン記録)

細谷優美 (60m 日本室内陸上選手権6位)


〈OBOG〉

高橋創  (800m 日本学生個人選手権6位)




準優秀選手賞(贈:フタムラ化学)

トップチームを除くカテゴリの選手で全国大会出場、関東大会入賞等の実績をあげた選手


〈大人〉

松崎雄大 (800m1500m 栃木国体全国障害者スポーツ大会出場)


〈OBOG〉

稲垣広弥(4×100mR 日本インカレ出場)

佐々木綾乃(4×100mR 日本インカレ出場) 


〈高校〉

岡本紗弥(100mH 栃木国体出場)

吉田 想(400mH 関東高校選抜新人2位)


〈中学〉

加藤光貴(全国中学駅伝大会出場)





特別賞(贈:阿見AC)

日本最高記録樹立した選手、日本代表に選出された選手等


楠康成(2000mSC 日本最高記録樹立)

グエムアブラハム(1500m 南スーダン記録樹立・オレゴン世界陸上出場)




敢闘賞(贈:モロオカ)

各カテゴリーの関東大会規模の大会に出場を果たした選手


〈大人〉

世良田基暉 (400mH 関東選手権出場)


〈OBOG〉

佐々木翼 (4×400mR 関東インカレ出場)

松永隆宏 (4×100mR 関東インカレ出場)

兼子昂也 (三段跳 関東選手権出場)

新井涼大 (110mH 関東選手権出場)

湯原海斗 (4×400mR 関東選手権出場)

古澤育巳 (800m 関東インカレ出場)

篠塚美来 (1500m  関東インカレ出場)


〈高校〉

和田彩生音(4×100mR 北関東高校出場)

橋本翔琳(800m・1500m 関東高校選抜新人出場)

森山巧乙(4×400mR 関東選手権出場)


〈中学〉

アキンデレフェミ(1年100m 関東中学出場)

伊藤夢(1年100m 関東中学出場)

座光寺奏(1年1500m 関東中学出場)


各カテゴリーの都県大会規模の大会において入賞を果たした選手


〈SHARKS.Jr〉

奥田莉乃

東條暖

  

〈大人〉

岩科伶


〈OBOG〉

谷島大貴


〈高校〉

作山陽彦

坂本愛莉


〈中学〉

大河原智輝

大久保知勇

倉科りょう

出戸倭華

蓑毛俊太

宇賀地信羽

倉持真央

高橋慶多

遠矢峻吾

沼崎希咲


〈小学〉

石川幸

板垣雅貴

大内悠平

北園健翔

小松崎麻耶

酒井勇咲

鈴木日菜

高野翔太

高野璃子

波田野美杏華

前橋椿

幕優夏

増田蒼大

小池理仁

西村明莉

野口蒼矢

塙大和

堀込莉愛

山田岳穂

中村恵冬

森谷由菜

飯村優乙

横山翔太






エントリージャパン賞(贈:エントリージャパン)

長距離中高校生の有望選手


作山陽彦 



ステップアップさめぞう賞(贈:2XU)

中学の部から高校の部へ進んだ選手の中で優秀な成績だった選手


岡本紗弥




かけっこさめぞう賞(贈:スポーツオーソリティ)

小学生の部から中学の部へ進んだ選手の中で優秀な成績だった選手


伊藤夢

座光寺奏



ベストライフモデル賞(贈:ファイテン)

スポーツを生活の一部として生き生きと活躍している者


今泉愛子

大森愉

蔭山雅之

村川雄一

吉成優子

小川創平



監督賞(贈:BROOKS)

野口大雅

(高校の部会員になり、中学時代以上に週5日の練習会のトレーニングの柱としてしっかりやってくれました。これからの更なる成長と活躍を期待しています。)


倉持結心

(練習会を休まず真面目に競技に取り組み、クラブのムードメーカとしていつも明るく中学の部の軸となり練習会を作ってくれました。高校生の部での活躍を楽しみにしています)


倉科りょう

練習会を休まず、真面目に競技に取り組む姿勢があり、中学の部の軸となり中長距離の練習会を作ってくれました。競技面でも県大会でいつも活躍してくれたこと、とてもうれしく思います。)




功労賞(贈:阿見AC)

仲谷浩崇



大人の自己ベスト賞(贈:オレは摂取す)

楠康成(3000mSC 8分25秒70/2000mSC 5分29秒11)

飯島陸斗(1500m 3分38秒35 )

グエムアブラハム(1500m 3分39秒30)

澤幡幹(800m 1分58秒09)

染谷和輝(400m 50秒14)

世良田基暉(400mH 53秒22)

高橋創(800m  1分48秒07)

稲垣広弥(100m 10秒68)

新井涼大(110mH 15秒19)

岩瀬聡吾(800m 1分56秒77)

松永隆宏(100m 11秒19 400m 49秒61)

湯原海斗(100m 11秒20 400m 51秒23)

篠塚美来(1500m 4分36秒25)




今年もスポンサー様から、ご支援を頂き表彰いたしました。

ありがとうございました


阿見ACアワーズ協賛企業


諸岡様

フタムラ化学様

BROOKS様

オレは摂取す様

白亞様

エントリージャパン様

2XU様

ファイテンショップ牛久店様

スポーツオーソリテイー土浦店様

カガミクリスタル様


閲覧数:847回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page